メインイメージ画像

女性特有の疾患にかかる女性も増えてきています

保険でおすすめなのは、成人女性にぴったりの女性特有の疾患を対象とした保険商品です。ここ数十年で、仕事で女性の身体的負荷が高くなってきた背景から、女性特有の疾患にかかる女性も増えてきています。そもそも妊娠や婦人科検診などの関連で病院に通うことが多くなりがちなのが女性に特有ですね。そういう事を考慮すると、女性特有の疾患を対象とした特約を入れているともしもの時頼りにできます。

また、健康で保険を使わなかった時も、数年ごとにキャッシュバックとして還元されたりお子さんの誕生のお祝いが受け取れる商品もありますので、保険に入っておいて無駄骨にはならないでしょう。

年末調整によってかかった保険料を取り戻すチャンスが大きくなりました。平成24年以降に新規に保険に申し込んだ人が対象となって保険料控除額の上限が引き上げられました。現在加入している生命保険や医療保険のチェックや新しく申し込みを検討している人には重要な事です。

控除額が大きくなる分割安に申し込めると考える事が出来るのです。会社員だと年末調整を勤務先でやって税額については意識が無くなりがちですがしっかり年末調整をして損がないようにした方がいいでしょう。

保険金の受取人が違うだけで、支払う税金が大幅に異なってきます。特に、死亡保険の場合、契約者、被保険者、受取人の関係性により死亡保険金にかかる税金が、相続税、贈与税、所得税のいずれかという風に違ってきます。

もちろん支払う税額も異なります。契約する時にしっかり契約内容を確認しておくことが何かあった時に残された家族を悩ませないやり方です。一般的に所得税、贈与税が高額のため相続税になるように申し込みましょう。

更新情報